アウトブレイク・カンパニー#1

アウトブレイク・カンパニー#1

 主人公が重度のオタクで、いきなり『新世紀エヴァンゲリオン』を引用してくるあたり、嗚呼そういう雰囲気の作品なんだな、と理解することは誰にでもできる。
 そのオタク文化引用が浅薄なものにとどまるか、とどまらないかは作品に対する心象を大きく左右するが、この原作者で「浅薄なものにどどまる」とは思えないなあ……。

スクラップド・プリンセス』って、知ってますか。
 貴種流離譚を、アニメで、すごく地味にしかし丁寧にやってみせたボンズ作品です。
 そして、『スクラップド・プリンセス』の原作者こそが、『アウトブレイク・カンパニー』の原作者であらせられる榊一郎先生なのです。
すてプリスクラップド・プリンセスの愛称)』を書き上げるようなクレバーな作家が浅薄なオタク文化引用で留まるとお思いですか!?
 別に原作者が阪大卒とかそういうのはどうでもいいんだよ。

 でも「オタク」を「メタファー」としてとらえるようなアニメの見方は関心しないなあ。
 むしろAパート入りで出てきたメイドさんにブヒブヒ言ってるほうが楽しい気がしますよ。
 ラノベに無理に思想とか読み取りますかねえ。

 でねえ、ちょっと気になるのが、TBSのこの枠にしては、ちょっと音の重ね方がずさんじゃない!? ってこと。まあ俺は録画で後追いで観てるからでかい口は叩けないけど。
 それでも、例えばAパートで出てきたドラゴンの鳴き声SEとか周囲から著しく浮いてたよ。心配だね。

ストライク・ザ・ブラッド#1 雑感

ストライク・ザ・ブラッド#1

 まず、繰り返し流される番宣映像を観て感心したのが、「キャラが強い絵で描かれているなあ」ということ。
 デジタルアニメの隆盛でますます「弱いキャラの絵づら」が増えていくと思うが、そんな中で前期だと『げんしけん二代目(by谷口淳一郎)』みたいな……数少ない「強い絵筆」でもってキャラを描いたアニメが光り輝く。
 この『ストライク・ザ・ブラッド』の番宣を観た時、ヒロインの「姫柊雪菜」の描き方が凄く強いと思ったのだ。芯の強いアニメーターが描いていると思ったのだ。

 で、本編映像を観てみると。
 主人公の「暁古城」を描くテンションは余り落ちていないものの、「姫柊雪菜」を描く熱量が大きくセーブされている……気がする。
 Aパートとか、雪菜のビジュアルがそれこそしょぼい版権絵レベルだったもんねえ。
 番宣やPVの熱量は何処行ったのよって感じ。

機動武闘伝Gガンダム』という例えが適切かどうかわからないが、どうも平凡なシークエンスだとキャラの素描がしょぼく見えてしまう。(ハンバーガーを美味しそうに食う雪菜は可愛かったけれど。)
 普段のシークエンスでキャラがしょぼく映るのは、普段の撮影のやり方に問題がある気がする。
 だから肝心なのはアクションシーンだ。でも、今回のBパート山場は回想シーンだったという……。
 あのねえ、吉野先生。星山博之先生の教則本にも「時系列乱しちゃいけない」って書いてあるんですけど。
 でも原作依拠なら仕方ないかな。

京騒戯画#1

 の、のっけからカレイドスコープ……。
カレイドスター』のふたつめのOPよりどぎつい、モノホンの万華鏡演出だが、このOP演出、ちょっとだけ、まさかカレイドスターの……!?

 まあそれはいいとして待望の松本理恵「理恵ちゃん」の初TVシリーズ監督作です。
 松本理恵さんはフレッシュプリキュアで知った20代の演出家です。
 一部では細田守の後継者と言われています。
 でもねえ、細田成分ももちろんあるんだけど、OPとか、サトジュンっぽい残り香が感じれられるんだぜ!?

 細田=サトジュンラインか。

境界の彼方#1

 いきなり大げさなCG背動で自殺未遂出オチかよ……。
 最初で降下していく(飛び降りる)というのを暗示しているということは、結末でぐんぐん逆に上昇していくことを示唆しているということで。
 つまりハッピーエンドの可能性が高いな、このアニメ。

 あらまあ随分コレステロールの高いエフェクトアニメーションですこと……。
 これが俺ら視聴者にとって病みつきになればいいんだけどね。
 でもコレステロールが高い食品って、味がくどいから、あんまり病みつきにならないんだよね。
 コレステロール高いエフェクト作画ってのが第一印象だったから。
 なかなかこれは覆らないように思う。